家族葬はメリットが多い現代的なお葬式といえる

家族葬を行うメリットはどこにある?

家族葬を行うメリットはどこにある? このところ、芸能人など多くの方が家族葬というお葬式の形を選択しています。一般的なお葬式ではなく、参列してもらう方を限定し、少ない人数で行うお葬式の形です。お葬式は田舎に行くほど盛大ともいわれますが、最近は地方でも家族葬を選択する方が多くなり、お葬式に対する遺族の考え方も少しずつ変化していることが分かります。一般お葬式の良い点としては、隣近所の方を含み仕事関係の方、親族縁者多くの方を呼ぶため、とにかく参列する人数が多く、ある意味不特定多数となるため、大勢で故人を送ることができるということが挙げられます。遺族にとっては最後に会わせておくべき人がいなかったかどうかを考える事もなくお葬式を終える事ができ、その点は安心です。

しかしお葬式に来てくれる参列者が多ければ多いほど、対応する家族は大変です。近頃のお葬式は、葬儀社の方が進行から準備などをすべて行ってくれますが、参列してもらった方には、喪主、また遺族として対応しなければなりません。 大切な方が亡くなり、最後となる尊い時間であるのに、そこであわただしく対応しなければならないことは苦痛と感じる方も多いでしょう。もちろん、故人が生前お世話になった方に挨拶できることはとても大切なことになりますが、遺族としては故人と向き合う時間、死と向き合う時間が欲しいと思うことも当たり前です。こうしたこともあり、生前家族との時間をしっかり持つことができなかった方、病気で満足に家族と時間を共有できなった方、遺族が家族葬を選択しているのです。

家族葬は家族以外の親戚や近しい人などを遺族側が指定することが可能なお葬式です。もちろん、故人が親友として親しくさせていただいた友人も同級生やその他大勢に来てもらうのではなく、本当に親しかった人、故人が遺言で来てほしいと指定した方に参列をお願いすることができるのです。ちょっとだけ付き合いがあったから、隣近所だからとほぼ付き合いがなかった方に迷惑をかけることも少なくなります。

家族葬は遺族にとってメリットの多いお葬式の形といわれます。そのメリットは遺族に負担が少ないということのほかにも、費用を安く抑えることができる事、また故人との最後の時間をゆっくり持つことができる事など色々と挙げる事ができます。家族それぞれ、色々な事情を抱えていることもあります。家族葬のメリットについてよく理解し、心に残る家族葬の形を作るのが理想的です。

トピックス